ノンワックス床材のワックスについて

ノンワックス床材のワックスについて床ワックス

3月は移動の時期で、新たな土地で新生活を迎えられる方も多い事だと思います。
お問い合わせも徐々に増えつつあり、少し気になった事項を紹介させて頂きます。

ワックス掛けは床材の判断が必要

床材といっても

  • フローリング
  • クッションフロア
  • フロアタイル…etc

多くの種類があります。

ワックスの種類

床材を保護しながら光沢性、密着性を重視したワックス。
用途としてはペットが滑りにくいワックス、艶を出さないワックスなど多くの種類があります。

そして、一番注意をして頂きたいのは

ノンワックスタイプの床材

ノンワックスタイプの床材とは、床表面に特殊な加工がされていてワックス掛けの必要がないといわれている床建材です。
※販売メーカーにより表示方法が異なります。
※例えば床が傷んできた際には密着性ワックス掛けをおすすめしますといった表示をされているメーカーもあります。

それと、今までに当社であった作業事例だと

お客様が入居前に、他社ハウスクリーニング業者に全体のハウスクリーニングを施工してもらい。
ノンワックスフローリングなので、ワックスを塗らないでと伝えてあったはずなのにワックスが塗られていたそうです。
そのワックスが1年もしない間に剥がれてきたから、ワックスを剥がして欲しいというご依頼もありました。
ワックスフリーのフローリングの場合は密着性の高いワックスを使用さなければ剥がれやすくなります。
そのようなことも、考えながら施工することがとても大事なこととおもいます。

3月に近づくにつれ、引越しに伴うハウスクリーニングやお掃除のお問い合わせが多くなっています。
3月はお引越しが多く、ご希望日時のご予約が取れない場合もございますのでお早目のご予約をおすすめいいたします。

クリーンワークスはお客様との出会いを大切に・当社を選んで頂いたお客様に感動して頂けるようなハウスクリーニングを提供させて頂きます。

水まわり・引越し前後(入居前・退去後)のハウスクリーニングはクリーンワークスにお任せ下さい。
ハウスクリーニングエアコンクリーニングお引越し時の掃除(入居前・退去後)も受付中です!
店舗・会社事務所・オフィス・テナントの定期清掃やビルメンテナンス作業施工もさせて頂いています。